車両保険と自然災害

車両保険と自然災害

最近は地震も多く日本全国どこにいても、安心というわけではありませんね。
地震だけでなく、台風も多く、竜巻もあり、自然災害で車が土砂に押しつぶされていたり、水没しているのをニュースでもよく見かけます。

 

それでも保険が下りるから・・・と思っているかもしれませんが、実は自然災害の場合は車両保険をつけていても保険金がおりないことが多いです。
洪水被害の場合でも、車両保険に「自宅・車庫での水害」をつけている場合しか補償されないのです。この場合も、他の場所での洪水では保険金はおりません。
他の場所の場合は、「火災・落書き・台風」をつけている場合であれば、補償されます。

 

このように洪水で車が浸水した場合でも、保険金がおりるかどうかは人それぞれなのです。

 

「火災・落書き・台風」というのは、火災や爆発、落書き、いたずら、台風、竜巻、車庫以外での洪水、飛来物や落下物との衝突などの場合に保険金がおります。
車両保険をつける車は、新車であったり高級車であったり、思い入れがあったりするものですから、できればこれらは付けておくといいかもしれませんね。